イラストを使って製品の技術やサービスを説明する

こんにちは、いわたです。

製品の技術やサービスをイラストを使って説明すると、文章や写真などでは表現しづらいことも、わかりやすく、カンタンに理解することができます。

全体像や流れ、世界観を表現する

求人サイトでのイメージイラストです。自由で風通しの良い社風、親しみやすさをカジュアルなタッチで表現しました。

works

 

 

古い団地のリノベーションにより、あらたに誕生したコミュニティー。人と人とがつながり、ゆたかな時間をたのしむライフスタイルをイメージしたイラストです。農園、ドッグラン、カフェなどの施設をやわらかく繊細に表現しています。
(弊社制作の関連動画はコチラ→YouTube)

ハラッパ

 

下のイラストでは、エネルギーの採掘・採集から、運搬・加工、一般家庭での消費までを一連の流れとして説明しました。

oil_gas

 

最近では、クラウドやビッグデータ、AI、自動操縦などを使ったサービスのイメージなども多くご依頼いただきます。目に見えないしくみや新しいサービスの表現方法でも、イラストを使うと、すごくわかりやすくなります。

自動回避

 

子どもむけに親しみやすく描いた下のイラストは、土木技術を理解するための見学施設で展示されました。施工ステップや事例など、少し難しい内容でも、イラストつかってわかりやすく表現できます。
(展示事例はコチラ→WORKS)

CDM_イラスト46_s

 

数字や情報を感覚的に理解させる

なかなか理解しづらい情報や数字などを使い、データを絵として見せた例です。インフォグラフィックともいわれるこの方法は、Webページなどでも良く使われています。

ECO

ECO_3

ECO_2

 

つながりや関係性を表現する

ピクトや矢印、シンプルな図形を使い、つながりや関係性を表現します。規模の大きな工場のしくみ、ネットワークの役割などを説明するときにとても便利です。

EMS_1

EMS_2

plant

 

ターゲットを考えたトーン&マナー

説明イラストでのポイントは、ターゲットを考えたテイストや色合い、トーン&マナーです。子ども向け、女性向け、技術者向けなど。あと、なるべく情報を入れすぎないこと。どうしても、あれもこれもとなってしまうので、なるべくシンプルに表現します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください