今こそSEOを学ぶべき WEBマーケティングの話

こんにちは、サノです。早速ですが、みなさん「SEO」と聞いてどういうイメージがありますか?言葉は知ってるけど意外と何だか分かっていないという方もいるのではないでしょうか。令和時代に突入し、今やWEBでの集客は当たり前になっています。最近のSEO事情を踏まえた知識をご紹介します。

200916_書き出し用

SEOとは?

まず、SEOとは何かについて説明します。SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」と呼ばれています。

検索エンジンとは「インターネット上に無数に存在するWebページや画像を検索するシステム」のことで、普段GoogleやYahooなどの検索サイトを通じてそのシステムを利用しています。

当然、上位に表示されているサイトは目につきやすくPVも多いです。

表示順は「検索アルゴリズム」という検索エンジンに搭載されているロジックによって決められています。

「検索アルゴリズム」によって、検索キーワードごとに各Webページや画像がランキングされていて、その上位から順番に表示されます。しかし、検索アルゴリズムのロジックは公式に発表されていません。

 

最適化とは?

では、ロジックが明かされていない検索エンジンを最適化するにはどうしたらいいのでしょうか。

代表的なものは以下の3つです。

テキストマッチ

検索ワードに対して対象のページにある文章がどの程度マッチしているか。

質の良い被リンク

関連性の高い外部サイトから適切な方法で発リンクされているか。

内部構造の最適化

各ページのメタ情報や導線、ページ間の流動性が適切か。

 

このような最適化を行っていくにあたってGoogleがどのように検索エンジンを改善していってるのかを理解することが重要となってきます。

 

Googleが掲げる理念

以下Googleの公式サイトの引用になります。

Google が掲げる 10 の事実

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3. 遅いより速いほうがいい。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

8. 情報のニーズはすべての国境を越える。

9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10. 「すばらしい」では足りない。

この哲学に沿ってWebサイトを改善していくことがSEO効果につながるのです。

 

 

 

コンテンツSEOのポイント

高品質なコンテンツ

ユーザーに役立つ情報の優劣には、Google評価指標の「EAT」が重要なポイントです。

EATとはExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、TrustWorthiness(信頼性)の頭文字をとった造語です。これらを満たすものが高品質なコンテンツとして評価されます。

髪の切り方を一般の人が教えるのと美容師が教えるのとでは後者の方が参考にする人が多いのではないでしょうか。このようなちゃんとした根拠や背景を持つ情報をGoogleは高評価します。

コンテンツの量

コンテンツの量とは、表示順位を上げたいキーワードに準ずるページ数やページの情報量のどちらも重要です。

多様なニーズを満たすためにも、1ページあたりの情報量や関連ページの情報量が重要になってきます。

ターゲット設定

検索されるワードごとにターゲットを明確にし、よりニーズにあったコンテンツを提供していくことが重要です。

 

まとめ

SEOに対して正しい知識を持って取り込んでいくことが自分のサイトの価値を上げることにつながります。そして、今後は検索サイト以外からの訪問も増えていくと思われるのでSNSやデバイス、ユーザーの行動の変化にも着目して時代にあったSNS集客ができるようにしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください