PhotoShopで建物の電線を消したり、きれいに空を合成する

PhotoShopで建物をきれいに補正したり、そらをきれいに合成する方法をご紹介します。

まず、もとになる写真です。手前のジャマな電線を消して、いい感じのそらに変えて仕上げていきます。

 

 

_MG_0059_00_s

ゴールになるのが下の写真。

_MG_0059_3_2_08_1_s

 

画像補正とか、修正作業でたいせつなのは、やりすぎないこと。あくまでも、もとの写真の雰囲気を保ちながら、もっとよくするにはどうすればいいのかな? を考えながら、多少のお手伝いをすることです。

建物のゆがみをなおす

まず、建物のゆがみを補正します。広角のレンズをつかっているので、「ハの字」になってますね。ある程度、ハの字でもいいのですが、すこし強すぎるかな。

_MG_0059_003_s

 

レイヤーパレットの背景上で右クリックし、背景のコピーをつくります。

あとで、もとに戻れなくなるとこまるので、かならず背景画像はのこしておいて、コピーで作業します。

 

スクリーンショット 2020-04-15 11.25.33

「編集メニュー」の「変形」から→「自由な形に」を選びます。

スクリーンショット 2020-04-15 11.29.27

 

すると、下のように四隅にハンドルがでてくるので、ハンドルをつかんで建物のゆがみをなおします。そのとき、背景レイヤーの目玉を消して非表示にしておくと、作業がわかりやすくなります。

2020-04-15-13.25.37

 

パスを描いて電線と空を消す

つぎに、電線を消していきます。方法はいろいろですが、ここでは、あとの作業を考え、パスを描いて空をまるごと消しちゃいます。

そらの部分をパスで囲んで選択範囲を作成。「選択範囲を作成」ダイアログで、画像の大きさにもよるけど、ぼかしの半径を2pixel程度にしてオーケーをクリック。

 

スクリーンショット 2020-04-15 13.37.38

スクリーンショット 2020-04-15 13.40.31

 

そらの部分が選択されるので、消去(delete)します。

 

スクリーンショット 2020-04-15 13.40.39

 

そらと電線がまるごと消去できました。

 

スクリーンショット 2020-04-15 13.40.52

 

建物にかかった電線を消す

さらに、建物にかかっている電線を消していきます。

まず、おおきな、消しやすい電線の近くの壁面をエリア選択して、コピーします。壁面も光で濃淡があるので、なるべく近くの絵柄をペーストして、変形ツール等を使って細かく整えます。

スクリーンショット-2020-04-16-13.15.45

 

写真のひさしのような細かいところも、使えそうな部分をコピーして調整。

スクリーンショット-2020-04-16-13.18.44

 

スタンプツールで、近くの絵柄を指定してコピーしたり。

 

スクリーンショット-2020-04-16-13.21.13

 

左右をトリミングし、電線がなくなって背景が透明になりました。

スクリーンショット 2020-04-16 14.03.02

 

写真の雰囲気に合わせた空を選んで補正する

今回の作業で、いちばんのポイントは、写真に合ったそらを選んで補正することです。たまに、クライアントから「きれいな、あざやかなそらに!」なんてリクエストがあります。でも、エーゲ海みたいな青々としたそらはすごく違和感が出たりするので、写真に合った自然なそらをえらびます。

てもとの素材から選んだ写真がこれ。

P808-001

 

この写真も、このままつかうのじゃなく、建物の写真に合わせた補正をします。

このそらだとすこし色が濃すぎるかな。普通の青いそらに見えるけど、実際の印刷物なんかにした場合、いまにも雨が降り出しそうな色になるときがあります。

わたしは、ここで一度RGB→CMYKに変換します。新規調整レイヤーのトーンカーブで色調を調整します。とくにマゼンダ(赤色)は思い切って下げてしまいます。はんたいに、イエロー(黄色)を上げるとすこし、緑がかったやわらかい青空になってきます。

今回合成するもとの写真は、柔らかい光なので、だいたいこんな感じかな。

 

スクリーンショット 2020-04-16 14.40.48

P808-001_2

この画像を、建物の背景に配置します。

スクリーンショット 2020-04-16 14.59.59

さいごに、すこし窓を明るく

ほぼ、これで終了ですが、さいごに一工夫。

みてると、なんだか暗い窓がきになります。ここも、少し調整。

スクリーンショット 2020-04-16 15.15.21

 

さきほど加工したそらの画像をつかって、レイヤーマスクで窓の形の、そらの画像を作ります。透明度を調整すると、窓にそらが反射し、写り込んだような明るい窓になりました。(下の画像はわかりやすく背景を黒くしています)

スクリーンショット 2020-04-16 15.20.03

_MG_0059_3_2_s

実際の使用では、タイトルを入れる都合で、そら部分をさらに大きくし完成です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です