登録者が増える!? Youtubeの概要欄の書き方

こんにちは、サノです。みなさんテレビはどのくらいみますか? 最近はテレビよりもYoutubeをよく見るという方が多いのではないでしょうか。好きなチャンネルや動画があれば概要欄までチェックするなんてことも。そこで今回はチャンネル登録を増やすYoutubeの概要欄の書き方を紹介します。

 

200930_title

 

 

動画の説明を簡潔にまとめよう

Youtubeの概要欄は、自分のチャンネルについて説明する場所になります。ここではなるべく動画の内容を具体的に書いていきましょう。

概要欄は必ず誰もが見てくれるわけではありません。しかし概要欄まで見てくれる人はあなたのチャンネルに興味があるということです。

ここで説明が乏しいとチャンネル登録までいかずに離脱してしまうので、手を抜いてはいけません。

概要欄に入力できる文字数は、最大1,000字まで。しかし、ここではダラダラと書かずに伝えたいことを分かりやすく「端的に書く」よう意識しましょう。

 

キーワード

キーワードを設定すると検索に引っかかりやすくなるのでチャンネル登録の可能性が広がります。

しかし、無闇に多くのキーワードを入れて何の動画なのか分からなくなることは避けましょう。

ちなみに、Youtubeが推奨しているのは「重要なキーワードを説明欄の最初の部分に記載する」ということです。

Google の検索エンジンと同様に、YouTube の検索ではキーワード クエリへの関連性が最も高い結果が表示されます。動画のランクは、タイトル、説明、動画コンテンツが視聴者のクエリにどれだけ一致するかなど、さまざまな要因に基づいて決まります。

引用元:レッスン: チャンネルを発見しやすくする

 

リンク情報を埋め込む

SNSや公式のWebサイト、関連の外部サイトのリンクを貼っておきましょう。

動画から興味を持った人はそこから情報を深掘りすることができます。

そして、一番大切なことは「視聴者に行動を促す文章」を記載することです。

  • チャンネル登録お願いします
  • SNSフォローお願いします
  • ブログも見てください

このような一文があることで、視聴者は「チャンネルに登録する」「SNSをフォローする」というアクションを起こしてくれます。

 

人気Youtuberの概要欄

誰でもというわけではありませんが人気Youtuberは概要欄までしっかりと書いている人が多いでしょう。

情報もわかりやすくまとまっていたりするので、自分の理想とする人を見つけて参考にしてみるといいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください