イラスト描き分けチャレンジ 〜年齢編〜

こんにちは、エンドウです!

イラストについて、すぐに使える(?)子どもから大人まで色々な年齢の人を描き分けるコツをご紹介します。今回は、あの有名な少年マンガのように、青年のイラストをどんどん子どもに変えていこうと思います!

 

まずはこちらの青年。この人をチョチョイと子どもにしていきます。
ブログ用イラスト_200417_01

ポイントその1. 輪郭

まずは面長の輪郭を縮めます。もともとあごやエラなどがあるイラストの場合も、まるく、角をとるイメージで描くと可愛らしくなります。

ブログ用イラスト_200417_02

これだけでだいぶ……中学生くらいにはなったでしょうか?

 

ポイントその2. 目、眉

次は目元まわりに挑戦です! 目はちょっと大きく。

ブログ用イラスト_200417_03_1

眉毛は少しハの字にすると優しくなりますよ。細めにしても可愛らしく、やや中性的な感じにも見えます。

ブログ用イラスト_200417_03

目元は年齢から喜怒哀楽まで表現できる顔の要です。気に入った目が描けると、「自分の画風、見つかっちゃったな!」なーんて思ったり…したことありませんか?

 

ポイントその3. 鼻

鼻も小さく丸く、ちょっと上向きにすると更に可愛らしく、やんちゃな感じに。

ブログ用イラスト_200417_04

どうでしょう?? ググッと幼くなりました。

 

あともう一息

全体のバランスを調整していきます。鼻を基準に、目と口を鼻に少し寄せます。本当〜にちょこっとでOK!

先程までのイラストが左、ちょっと鼻に寄せたのが右です。

ブログ用イラスト_200417_07

より幼くなりました。

ブログ用イラスト_200417_08

 

 

完成!

最終的にはこんな感じにかわりました。並べてみるとかなり幼くなりましたね。

ブログ用イラスト_200417_05

大きさや配置でかなり印象がかわるのが面白いです。みなさんお家で過ごす時間が長い日々を送っているかと思いますが、紙とペンさえあればできるので、ぜひ試して遊んでみてくださいね!

 

 

ちなみに…

ブログ用イラスト_200417_06

目と眉毛の距離を近づけるとちょっとだけイケメンになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です