デフォルメについて考える

こんにちは、エンドウです。近年、本屋さんや雑貨屋さんに行くと、子供の頃親しんだあのキャラクターが時を経てさらに丸くなったり小さくなったりして、可愛らしくデフォルメされている姿をよく目にします。

ということで、今回は「デフォルメ」について書いてみたいと思います。
001

デフォルメの語源

デフォルメとは、そもそもフランス語で、「対象を変形させて表現すること」また、変形する、歪曲する、などの意味もあるようです。近代美術や風刺画など、あらゆる時代の絵画表現に用いられていますが、古くはエジプト絵画にも見られます。

なるほど……冒頭で私が使用した「デフォルメ」はニュアンスがちょっと違っていたみたいです。

キャラクターデザインにおける「デフォルメ」

では、キャラクターデザインという視点に絞ってみるとどうでしょう。調べてみると面白い記事を発見しました。

キャラデザインにおける「デフォルメ」 日本と海外の違い、それぞれの在り方について

004
ざっくり言うと、海外キャラクターは本来の「強調」の意味合いの強いデザイン、日本のキャラクターデザインはそこにさらに「簡略化」のニュアンスがくわえられていう傾向にあるのだとか。確かに、日本人の私は今まで後者の意味合いで使っていました。

日本人が惹かれるカタチ

日本において、丸いキャラクターはヒットしやすいと言われています。確かに、アンパンマン、ドラえもん、ハローキティなどなど、日本の人気キャラクターは丸をベースに構成されているものばかりです。

世界的人気キャラクターも日本向けのコンテンツに再開発されるとこんな姿に…丸い…
002
キャラクターデザインにおけるデフォルメ、キーワードは「強調」と「簡略化」。ですが、キャラクターだけに留まらず、「デザインすること」すべてのキーワードにもなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です